TOP > マンガ > 『たまねぎたまちゃん』作品紹介

たまねぎたまちゃん作品紹介

たまねぎたまちゃんTOP絵
概要
読者は限定小学一年生。ということから「ガキは、好き嫌いが多いだろう?」という発想で、あえて子どもが苦手な野菜を主人公に起用した。同じ頃「天才バカボン」や「もーれつア太郎」といったギャグまんがを連載していた中で、このほのぼのした味は赤塚のはばの広さを感じさせる。さらに、カラー原稿は大変美しく、赤塚作品の中で異色の力作。
連載
  • 「小学一年生」(小学館)1967年9月号 ~ 1969年3月号

単行本
  • 愛蔵版『たまねぎたまちゃん』

    愛蔵版
    『たまねぎたまちゃん』
    (けやき出版)
    全1巻
    2004年9月