TOP > マンガ > 『天才バカボン』エピソード バカボン一家がそろうまで

天才バカボンエピソード

バカボン一家がそろうまで

ハジメちゃんの誕生

栄えある『天才バカボン』第1話です。
赤ちゃんを生むために入院中のママを訪ねたパパとバカボン。ふたりは、そろって赤ちゃんの誕生を心待ちにしています。カウントダウンが始まって、パパの歓びの声が響きます。
やったー!生まれたー?!

ところが、あまりのパパの大声に赤ちゃんが驚いてひっこんでしまい、誕生はおあずけに。「一週間のびた」という先生の言葉に、がっかりするふたり。それでもどんな子が生まれてくるのか、一週間後を楽しみにして、ふたり仲良く家路につくのでした。月がきれいな夜です。

今度は、院長先生の大きな声に驚いて、またひっこんでしまった赤ちゃん。がっくり肩を落とすパパ。バカボンの明るい声がたのもしく感じます。
それにしても一週間単位で誕生が延びるとは、まるで連載のことを心配してくれるような、おりこうな赤ちゃんです。

バカボンは、酒びんを哺乳びんに、パパを赤ちゃんに見立ててお世話のトレーニング。バカボン家の赤ちゃんの受け入れ態勢は、準備万端。いつ赤ちゃんがやってきても大丈夫です。

今度はバカボンの大声に、またまた延びた赤ちゃんの誕生。ホントに生まれてくるのかな?そろそろ読者も心配になってきたころです。赤塚先生、大丈夫ですか?ちゃんと生まれますか?

病院でボクシングはいけません。赤ちゃんは、よっぽど生まれてくるのがイヤなのか、またまた誕生が延びました。パパもバカボンも準備万端なだけにツライところです。これでとうとう4週目。さあ次こそは?と期待が膨らみます。それとも?

またまた延びました!これでとうとう5週目です。バカボンは待ちきれなくなって、お腹の赤ちゃんに直接話しかけることにしました。お返事はあったのでしょうか。いじらしいバカボン。ママのやさしい顔が美しいです。