TOP > 赤塚不二夫 > 日記 2000~2002
2002年 3月 14日(木)
コレしか食べない過食症なのだ

 オレが近頃コリにコッているモノを紹介しよう。
 朝、昼、晩と毎日食べているもの。それは・・・・特製のお好み焼きなのだ。
 2月の末にハヤリが始まってから今日までの間、毎日必ず食べている。ウソだと思うんなら聞いてごらん。この間にウチに来た人には全員食べさせているから。その数は16人なのだ!!
 真知子がネタを仕込んでおいてくれるのを、ホットプレートで焼くだけなんだけれど、これがウマイんだよ~。真知子に取材したところによると、ネタには11種類の具と3種類の調味料が入っているんだって。いいか行くぞ~。エビ、タコ、ブタ肉、 桜エビ、ヤマイモ、モヤシ、キャベツ、ニラ、ネギ、タマゴ、お酒、シオ、ショーユそれに粉。まあ要するに、冷蔵庫のものをなんでもぶち込んだってことなのかな?
 オレは最近ジジイになったのか、目がさめるのが5時頃とたいへん早い。真知子はまだ寝ているけれど、机の上にはホットプレートがセットしてあるからなんの心配もナイ。
 紅ショウガ、アオノリ、天カス、カツオブシと油も首尾よくセッティングしてあるしな。それならばと冷蔵庫を見てみると「お好み焼きだよ」と書いた紙が貼ったパックが入っている。オレのかわいいお好み焼きちゃん、大人しく待っていたんだね。 といじらしくなって、ますます焼いてやりたくなる。
 部屋の明かりをつけて真知子を起こしてはいけないので、うす暗いなかでプレートにネタを流し込む。ジューッ・・・。ああ、愛おしい。 でも、この前は失敗しちゃったよ。
 冷蔵庫からネタを取り出してひとりで焼いていたんだけれど、焼いても焼いても全然固まらない。おかしいな~なんだいコレ!とぐちゃぐちゃかき回しているうちに、また眠たくなっちゃった。・・・しばらくして、なんだか騒がしいので目を開けると目の前が煙りでまっしろ!!マズイ!ウトウトして焦がしちゃった!真知子が急いで窓を開けて、テーブルの上を見ると大笑い。「これ焼いたの?!これは焼そばの具 だよ。こんなの焼いても固まるハズないよ!!」…なあんだ、どおりでオカシイと思 ったよ。
 始めのうちは、真知子もフジオプロのみんなもウマイウマイって言ってジャンジャン食べてくれたのに、この頃は「え~!またですか?」なんて言いやがる。まったく失礼なハナシだ。おとといなんて、オレのホットプレートのお好み焼きちゃんの隣に、ギョーザだの、ステーキだの、スパゲッティだの、焼き魚だのを乗っけやがって、あげくの果てに目玉焼きまでつくり始めた。コレにはオレも呆れたね。
 ねー!!そんなモン焼くんだったら、オレ専用のホットプレートを買ってよ!!

3月2日、順調に焼いております。紅ショウガは欠かせません。

3月3日、寝起きで焼いております。お前も食べるか?

3月11日、スタッフの迫害にも負けずに焼いております。

3月12日、もうヤケクソ焼いてるぞーい。

最期にひとつご報告。おかげでオレは2週間で5キロ太りました!コレホント!!