TOP > 赤塚不二夫 > 日記 2000~2002
2001年 9月 2日(日)
ディズニーシーとはこんなとこ

 かくれディズニーおたくとはオレのこと?かつては年間パスポートを持ち、月に1回は必ずディズニーランドに行っていたことはあまり知られていないかもしれないが、ある日、そんなオレのところにおごそかに(?)一枚の招待状が届いた。「TOKYO DISNY SEA OPENING RESEPTION」。「おい真知子、ディズニーシーってなんだ?」オレは聞いたね。なんでもディズニーランドの海バージョンらしいと、ちょっと興奮ぎみの真知子。「ボクちゃんが好きなモネ船長の海底2万マイルのアトラクションがあるよ。」…これはゼヒ行かねば。と酒でよろつく足にムチを打っていってきましたディズニーシー。
 この日はオープン前の招待日のためか、入り口でどこぞのワイドショーのクルーが待ち構えていて、芸能人や各界の有名人を狙っていた。さっそくオレのところにもやって来たけれど、まだ何にも見てないんだからコメントしようがないよ。まぁオレが車椅子だったもんだから、目立ったのかもしれないけれど。コレは真知子の発案(陰謀?)で、オレを歩かせるとすぐに疲れて「帰ろうよ~」っとなることや「あっちで酒、飲めるぞ~」っと勝手な行動を取ることを事前に阻止するための対策らしい。オレも、これならラクチンで誠にケッコーだ。それにもしかしたら、あれこれ並ばなはくても先に乗せてくれるかもしれないしな。
 まずは「モネ船長」に並ぶこと約1時間。なんだ車椅子の威力、全く通じなったよー。「海底2万マイル」の感想は…まぁ並んでまで行かなくても良い。モネ船長の日本語がうまい。以上2点でした。もう疲れた。なんか飲ませろ、もちろんオチャケだ。ココの良いところは園内でオチャケが楽しめるトコロ。それにつきるな。ってことで、さらにひとつショーを見て(「アンコール!」っていうプロードウェイミュージカルの名場面を集めたショー)、ディズニーシーシンフォニー(要するに音楽と照明と噴水と花火)を見て無事帰ってきた。まあ…ここは、なんてことなかったな~ってのが正直なトコロ。

某局のワイドショークルー。オレは、めでたくボツ映像となったらしい。

オレを見つけてミッキーマウスが駆け寄ってきた!イキナリの熱烈歓迎だ。

人間の石像。オレと知って「シェー」のポーズを決めてくれたイキな石像だ。

このあとあとまだ40分も並ぶなんて、想像もしていなかった「海底2万マイル」

並びすぎて不機嫌。あんなのもうゴメンと、レストランで一杯。