TOP > 赤塚不二夫 > 日記 2000~2002
2001年 8月 27日(月)
強制送還もラクチンなり

  ちょっと夏の疲れがたまったので、ニュウインとあいなった。が、心配するなよ。ここで2週間ほどおチャケを控えると、また元気に飲めるようになるのだ。
 そしてそのスキに、普段は行けない歯科に行ったり、脳の検査をしたりするのだ。(フジオウォッチャーはご存知だと思いますが、去年の9月に転んで頭をカチ割りました。だから脳の検査を定期的にしているのです。)
 けれども、元気なオレとしてはだんだん退屈になってきた。するとタイミング良く取材の依頼があったので、さっそく外出許可をもらって事務所に帰っておシゴトです。そして、取材をサッサと片付けたら、またまたタイミング良く、かれこれ7年くらいおつき合いしているマッサージのミズグチ先生がやってきた。真知子が頼んでおいてくれたんだな。先生は美人で独身。けれど、とぉっっっても真面目な女性なので、めったなことを言うと嫌われてしまうのだ。ともかく病院に戻ってマッサージをお願いしようと、タクシーで病院へ…ん?こんなところ(病院のすぐウラ)に居酒屋発見!ねぇ真知子!知ってた?行ってみようよ!きっと真知子が好きなものあるよ。とキゲンをとって3人でのれんをくぐる。居酒屋に潜入成功だ!こうなったらコッチのモンだい。
 「おじさん、オレ水割りねっ」「ちょっとぉ!!」真知子が止めてももう遅い。居酒屋なんて久しぶりなんだから、張り切っちゃうよ。看護婦ちゃんごめんなさい。イカ刺、ジャガバタ、ギョーザ、…40分後、みごとに酔っぱらいがひとり出来上がっていました。病院はすぐソコだけどもう歩きたくないよーと甘えると、「あたし力もちなのよ。おんぶしてあげようか?」とミズグチ先生。「えー、ミズグチ先生ムリよ」と真知子。「大丈夫、ホラ」ヒョイっと軽々おんぶされちゃった。ラクチンラクチン。だけど、ちょっと淋しいな…♪お家がどんどん遠くなる~遠くなる~♪酒場がどんどん遠くなる~遠くなる~♪今来たこの道帰りゃんせ~♪帰りゃんせ~♪

はい!ただいま~。病室に無事、帰ってきました。

なんだか、かあちゃんのことを思い出して懐かしくなっちゃったよ~。

フジオを背負いてあまりの酒くささに三歩はや足。