TOP > 赤塚不二夫 > 日記 2000~2002
2001年 9月 14日(金)
ハッピーバースディは忙しいのだ

 ハッピーバースディ、オレ!当年取って66歳なのだ。こんなに長生きするとは思わなかった!と周りのみんな(特に真知子)に驚かれているよ。
 そして、今年も届きました、親友タモリからのタイ一尾。なんだかんだ言ってケ ッコー義理堅いヤツなんだよな。近所のお寿司屋白雪さんにお願いして、お刺身にしてもらいました。その量なんと50人前!これを食べるために夕方から人がきます。
 今年は届きませんでした、ケーキ。某Hアットホテルから毎年オレのキャラクターを描いたでっかいケーキが届けられていたんだけれど、今年は届きませんでした。 オイ!Hアット!オレが死んだと思っているのか?しかしオレは許すゾ。そういうことで本日は、真知子が近所のケーキ屋で調達してくれたケーキです。
 お祝いにきてくれました、アビちゃん。言わずと知れた藤子不二雄A先生なのだ。トキワ荘で出会って以来、かれこれ40年のおつき合いとなりました。
 そして、嬉しいビックリがもうひとつ。オレのただひとりの娘りえ子が突然やってきた。ヤツはロンドン大学ゴールドスミス校なんてところに留学なんてことをして いたんだけれど、この8月にめでたくご卒業だと。これもオレのおかげ…と言いたいところだけれど、オレは見守っていただけで、すべてはオレのモトニョー(元女房)の 年下のダンナ様のおかげだ。おお!ありがたや!!持つべきモノは、金持ちキータンだな。例のミミズクファッションで、現われてオレを驚かせた。マントなんか着てい るから誰だかわかんなくて、思わず逃げようと腰を浮かせちゃったよー。よく頑張った!カンドーした!小泉かオレは!
 夜には、いつもの仕事関係の仲間やら、元アシ、親しい友だちやらりえ子も混じ ってパーティ。って言ってもコイツらタイを喰いにきただけだけどな。
そしてまた、今日も口実が見つかったので飲めるぞ。66歳まだまだ、ガンバリマス!!…「もういいよ、いいかげんにしろよ」(真知子)

おみごとなタイ!あっ、こりゃまことにめでタイですな。

近所のケーキ屋のケーキも捨てたモンじゃない。さてHアット来年はどう出るか?報告するから待ってろよ。

アビちゃんありがとう。なんかオレ長生きしたくなってきたよ、と水割りを飲む懲りないオレ。

おっコレは、アビちゃん直筆の色紙。

賢い娘とバカ夫婦、りえ子のミミズクファッションを奪って記念撮影。