TOP > 赤塚不二夫 > 日記 2000~2002
2001年 8月 20日(月)
ニューフェイス登場なのだ

 フジオプロに約2年ぶりに新人がやって来た!ジャーン!!難関をかいくぐってミゴト合格した才女なのだ!
 真知子が毎日あんまりにも忙しい忙しいと言っているので、ちょっとかわいそーになって7月に某求人誌にちょこっと広告を出したら、逆にもっと忙しくなっちゃった!
 雑誌が発売された日から電話がじゃんじゃん鳴りっぱなしとなってしまったから。そいで順番に面接っていうんですか(ナマイキなようです、スミマセン)をやったんだけど、その数なんと30人。(と、言ってもオレはただ報告を聞いていただけだけどねー。)
 それにしても30倍とは驚いた。ウチみたいな弱小企業に就職しようなんて奇特な人が30人もいるとは、世の中不況なんですねー。
 そして真知子がいっぱつで気に入ったのが、このリエちゃん。合格の理由を簡単に申し述べよう。
 1.オレがつくったクッダラない映画「下落合焼き鳥ムービー」を見ていたという珍しい人だったこと。
 2.オレがつくったさらにクッダラない8mm映画を見ていた超キチョーな人だったこと。
 3.誕生日の日にちが真知子といっしょだったこと。
 4.名前がオレの娘といっしょだったこと。
 そして最後に一言付け加えさせていただくならば(雅子さま風)、大学院をご卒業された修士さんであらせられることであります。
 フジオプロの先輩社員タマちゃんは、(ちなみに彼女もリッパナ学士さんですが)ニューフェイスのあまりに輝かしい経歴に自分の入社のときの履歴書を抹殺しようとしたらしいぞ。じゃオレはどうすればいいんだよ。オレこう見えても中卒だよ!
そして、この娘のよび名が決定した!先輩社員のタマに対抗して「ミケ」だ!!!

初めてのツーショット写真にややキンチョーが走るフジオなのだ。こう見えてもシャイなのだ。

照れていますが、ナカナカの美人なのだ!町で見かけたら声を掛けよう!(ウソ。ホンキにするなよ。)