TOP > 赤塚不二夫 > 日記 2000~2002
2001年 4月 4日(水)

 明日から入院。・・・っと言っても来週からの超ハードスケジュールに備えて体調を整えるための「調整入院」だから心配は御無用だ。
 ところが、どこから聞き付けたか「明日から入院ならその前に会っとかなくちゃ」なんてなんだか良く分からない理由でアビちゃん(安孫子先生)がやってきた。「あんまり飲みすぎるなよ」なんて言いながら、自分はしっかり飲む、イイ友だちだ。「安孫子先生ひとりでいらっしゃるワケないよ」・・・という真知子のカンがみごと適中。アビちゃんの後から、リイド社の長田さん、高井ちゃん、北見ちゃん、ちば(てつや)ちゃんとぞくぞく嬉しいメンバーが集まった。ねー、みんな、オレまだ死んでないからそんなに集まんなくたってイイよー。と思ったケド、宴会はそんなことは関係なく始まった。
 旧知の仲って、ホントにイイモンだね。なんか理由がなくったってこうして集まれば、遠慮もナイし、勝手に喋って、勝手に飲んで、勝手に食べて・・・そうオレは昨日までのムチャ飲みがたたって、こうしてひとり勝手にバタンキュー。
 でも、こうして寝ながらも、あっ今、北見ちゃんが笑ったなとか、真知子が何か言ったな。とかうっすらと聞いているんだよ。オレの悪口は特に良く聞こえるから、オボエテロよー。寝ていると思ってうっかり口を滑らせて、後でヒドイ目に合ったヤツは数知れない。
 ・・・と主人のオレを尻目に、赤塚家の夜は今日も盛り上がっていったのでした。チャンチャン。

バタンキュー。