TOP > 赤塚不二夫 > 日記 2000~2002
2001年 4月 10日(火)

 みなさんはご存知ないかもしれないが、 わたしはマンガを描いて生活をしていて、 ひとりの美しい妻と、 ひとりのこれまた美しく才能溢れる娘と、一台の高性能な車を持っている。
 ボクの美しい妻と才能溢れる娘は、ママハハの関係なんだけれど友情にも似たとっても良い関係を結んでいる。
 そしてこのたび愛娘りえ子が、大阪でちいさな展覧会を開くために帰国することになった。あっ言い忘れていたけれど、りえ子は現在ロンドン留学中のアーティストの卵で、今回の展覧会が日本デビューなんだ。
 きょうは、このふたりの愛のメールを紹介しよう。

3/1 真知子→りえ子
件名 : お忙しいお嬢様
オメーはいつ大阪へ入って、いつどうするんだよ。
そのころドサマワリが重なってるので、連絡乞う。

3/2 りえ子→真知子
件名 : かーさん、すてき。
かーさん、その言い方すてき。でも、かーさんからのe-mailにあった「連絡」という漢字のあとに書いてあった漢字が難しすぎて読めませんでした。たぶん、「連絡よこせバカ」という読み方なのだと思い、そう訳しました。難しい漢字は使わないで下さい。ところで、大阪のオープニングは4月19日で、私がアーティスト・トークをやるのは、その週末の20日(金)か、21日(土)か、22日(日)のどれかで、詳しくは、決まり次第すぐに連絡するでがし。
オメーのむすめより

3/2 真知子→りえ子
件名 : がきーさん、すてき。
がきーさん、そのいいかたすてき。
あのむずかしいじはへんかんしたら、でてきただけです。わたしがかいたんじゃありません。
おめーのおやじのすけじゅーるからいいます。20にちはゆうがたまで、やまがたけんの≪さかたしびじゅつかん≫に、はいらなければなりません。21にちはおひるから“てーぷかっと”“さいんかい”があり、おわってから、‘よこはま’にいき、22にちはあさから“にほんろーびじょんがっかい”で‘こうえん’をいっちょまえにするんですの。のでおめーの‘あーてぃすととーく’が20にちのおひるごろだと、やじをとばしながらきけるんですけど。
それによって18ぉぁ19にち、どちらかに‘おおさか’にはいるつもりなんですよ。でづっぱりになると、おめーのおやじもとしだから、いろいろかんがえてます。ばかあいてに、めーるうつのすごーくつかれたから、おしまい。

3/30りえ子→真知子
件名 : ありがとうございます。
御父様、御母様へ
メール読みまくりンコフビッチ。サンキュウ。ヤマグチさんにお礼するーノ。すごく嬉しいハムニダ。15日でも、だいじょぶンコフ。ただ、おめーのガキが日本に御来日されるのが15日の午後1時半イッヒ、よって、東京に御到着になられるのが、4時頃ダッチ。赤いジュウタン、敷いて待ってろッチ。謝謝。
教養があふれすぎて、つい、6カ国語で書いてしまいましたわ。
リエザベス

 上品なボクには、このふたりのやりとりは全く理解できません。ついでに最近のボクの多忙なスケジュールも、わかっていただけたでしょうか・・・?