TOP > 赤塚不二夫 > 日記 2000~2002
2001年 12月 1日(土)
当たったり、外れたり、転んだり…そして記念日

 競馬場からコニャニャチハ!師走の風は冷たいですが、ボクはこうしてぬくいところで競馬をやっています。仕事仲間で友人のスポニチのヤマグチくんが、招待してくれるモンだから、すっかりハマっちゃって毎年この時期にスポニチ賞ステイヤーズステークスにきているんだ。ボクは別に競馬ファンではないけれど、ヤマグチくんのおかげでスタンド最上階のゴンドラ席に入ることができて、ココが気にいっちゃった。なんといっても眺めがイイし、お料理も食べ放題、おチャケも飲み放題と天国のようなところ。
 と、いってもただ喰いははしたないから、ちと馬券も買いますか、といくつか買ってみた…。
 と、ここまできて賢明な読者のみなさまは「赤塚、なんでランドセルしょって競馬に行ってるんだ?」と不思議に思われたことでしょう。…告白します。6日程前にベッドから転がり落ちて鎖骨を骨折いたしました。ランドセルに見えるのは肩を固定しておくためのサポーターなのです。
 そんなに飲んでいなかったんだけれど、おしっこに行こうと思ってベッドから起きあがったらフラフラ~っとして…。けれども賢いボクちゃんは決してそのまま落ちた訳ではありません。頭から落ちたらまたICU行きになる!と、とっさに判断して肩からドスン。結果、全治1ヶ月半のランドセル暮らしとなりました。
 真知子に言わせると「ホントにボクちゃんって病上手の死に下手だね。」だって。う~む、いいこというなぁコイツ。
 でもね真知子ったらこんなオレに呆れたのか、ただの打撲だと思ったのか、シップをしたらそれでおしまいと、そのまま一晩放っておかれたんだ。翌日になってグラスを持つとやっぱり右手が痛いから念のためにレントゲンを撮りにいったら立派な骨折でした。でも、今は全然痛くないし、こうして競馬をやるくらい元気だから安心してくれ。
 安心…と言えば今日12月14日は、赤穂浪士討ち入りから300年という記念日だけれども、ボクの食道ガンの手術から3年という記念日でもあるんだ。確か♪あれは3年前…♪ 1ヶ月前に内視鏡検査をしたけれど、なんでもなくみごとクリア!それなのに真知子ったら、ボクがちょっとでも咳をすると「ほらー、ガンが喉に転移したぞー。さーもう飲めないぞ」と脅かすんだ。フン!ボクは元気なの。肝臓だって飲むわりにはキレイだってさ。ツルマル先生ありがとう。こうして生きていられるのもあなたのおかげです。

ホラ、いいながめでしょ。この下をお馬さんが走っていくのです。

このようにお料理がならんでおります。もちろんドリンクも豊富に取り揃っております。

この人がボクたちを招待してくれたヤマグチくん。「ヤマグチくん、それはオレのボトルだからこっちへちょうだいよ」「真知子さ~ん、コレ先生に渡していいの~?」「お・おい!ちょっと、真知子に聞くなよ」

競馬って難しいな~。カンを頼りにデタラメに買ってみるけど結果は…。

一番人気のエリモプライアンを買った。やったー!当たった!!と思ったけれど、1.4倍しかつかなくてガックリ。最終的に本日の収支はマイナス16,000円也。まっしょうがないか、シロートだから。