TOP > 赤塚不二夫 > 日記 2000~2002
2000年 12月 2日(土)

 珍しくきょうは、中山競馬場にスポニチ賞・ステーヤーズステークスを見に行った。以前スポニチに連載をしていたときの担当、ヤマグチくんが貴賓席を招待してくれたんだ。 ボクは、競馬をやったのはこれが3回目くらい。だから全くのシロウト同然で、競馬新聞の予想を見てもチンプンカンプン。それでもなんとかなるだろうって、カンだけを頼りに何レースが買ってみた。結果は…見るも無惨のみごとな惨敗なのだ。一緒に行ったヤマグチくんも、真知子も、フジオプロのヨリコちゃんも、そのほかの友だちも、揃いも揃ってザンパイだったのだ。あーあ、慣れないことはするモンじゃないのだ。
 貴賓席はフリードリンク、フリーフードだったんだけれども、ボクのほろ酔いもこの負けですっかり醒めて、もう、とっとと帰ろうっと。
 この写真は、負けがこんでヨロヨロのボクを支える真知子…ではなくて、タクシーを待っている間、ボクのフトコロ同様、北風がビュービュー吹いてものすごく寒かったので、真知子が風よけになってくれたんだ。ボク赤ん坊みたい。
 帰ってからはヤケになって、みんなでヤキニクを喰いまくったことを付け加えておこう。