TOP > 赤塚不二夫 > 日記 2000~2002
2001年 4月 21日(土)

 酒田のみなさんコニャニャチハ。やってきましたサイン会です。またまたおおぜいの老若男女に集まっていただきました。どうもありがとう!
 会場となった酒田美術館は、4年前に建てられたという自然に囲まれたデッカクてリッパな美術館。自然光がタップリ入る広々とした展示室にオレのマンガが映えるコト。気に入りました!なんでもこの美術館は、イタリア製の大理石を使っていたり、中国の石を床に敷いていたり、壁もコンクリートを杉の模様に加工したりという、いまどきでは考えられない場所なんだ。それから、ボクの直筆原稿が入っている展示ケースは、さる偉~いお方の巻き物や古文書を展示するために作ったものらしい。その展示を終わって以来ず~っと倉庫に寝かされたいたのが、このオレの原稿を入れるためにお呼びがかかったってワケだ。どうだオレも捨てたモンじゃないだろ。
 え?どうして車イスかって?足を怪我したわけでも、具合が悪いわけでもなく、ただ会場が広すぎてつかれちゃうから。えへへ、押してくれたのはこの展覧会のプロデューサーのアラキッチ。
 そして、サイン会だ。何故かサイン会をやったところは、ちょっと狭くなっていた場所だったから人が殺到して大変な騒ぎになっちまった!握手を求める人、一緒に写真を撮ってほしいとポーズをとる人、「頑張ってください」なんて言う人、おみやげのお酒をくれる人・・・。
 ここの日記でも、オレは酒ばかり飲んでいるって言っているからかな?お酒をプレゼントしてくれた人がたくさんいたんだ。真知子は笑顔で困った顔をしていたけれど、コレはオレの永年の作戦が成功したってことだ。赤塚不二夫イコール酒ってイメージが、まんまと定着ってわけ。
 ・・・最後にひとつイイことを教えておこう。ホントウは、オレはお酒と言っても洋もののウイスキーが大スキーなんだ。覚えておいてくれ。これからもヨロシクな!