TOP > 赤塚不二夫 > 日記 2000~2002
2001年 4月 15日(日)

 マサルの店が明日オープンするという。
 マサルっていうのはオレの30年来の友だちで元バーテン。オレが新宿で毎晩飲みに飲んでいた時代、ある店で知り合った。この頃は、酔っぱらってふたりで良くいたずらもしたなー・・・。そこからマサルは店をいろいろ変わり、今ではすっかりオジサンになってしまったけれど、オレたちの関係は相変わらずの「悪友」だ。
 そのマサルが、初めて自分の店を持つという。そして生意気にもオレに看板を描けという。仕方がないから似顔絵を描いてやったけれど、その顔がまた貧相なんだなー。あんなんで人が入るかどうか心配になっちゃうよー。それからまたさらに甘えて、店の名前を考えろという。めんどくさいから「スナックまさるにしろよー。」と言ったらホントにそうなった。
 きょうは、オープン前日なんだけれど、こころ優しいオレは例のNHKの取材場所にスナックまさるを指定して、NHKのスタッフと娘のりえ子と一緒にやってきた。
 東中野のみなさん、オレの描いた貧相な顔の看板を目印に、どうか行ってやってください。(マサル、宣伝してやったから飲ませろよ!)