TOP > 赤塚不二夫 > 日記 2000~2002
2001年 3月 17日(土)

 浜松のみなさん、コニャニャチハ!「これでいいのだ!赤塚不二夫展」がやってきたのだ。おなじみのこの展覧会も全国を巡回して早くも17回目。ボクはその度に全国のいろいろな所に行って、たいがいテープカットやサイン会なんかをするんだけれど、美味しいものも食べられるし、その土地のカワイコちゃんが会場に来てくれたりするので、このちょっとした旅行が気にいっているんだ。・・・真知子はドサ周りなんて言ってるけどな。
 実は、ここ浜松の会場にボクが元気で登場することが出来たのはね、一週間ほど前から“お酒ヌキ”入院をしていたからなんだ。センセイたち!ありがとう!新幹線でウイスキーをチビチビやりながらきても、シャキっとしていたのも、点滴のおかげだ。
 今日は、朝11時から会場のテープカットとサイン会。サイン会には、朝はやくから大勢の人が並んでくれたんだって。みんな、ありがとうな!でも先着100人だけだからね!
・・・いつ会ってもファンの人ってのは有り難いもんだ。「頑張ってください!」とか「サライ読んでます」とか「ヒッピーちゃん好きでした」とかって言われて、うーれしかったぞー。
 こんなオレだけど、これからもヨロシクなっ!

テープカット