TOP > 赤塚不二夫 > 日記 2000~2002
2000年 10月 6日(金)

 (今日は、頭の良い人と4時間位しゃべったので疲れたらしく、日記をさぼって、お見舞いの品を抱きながら寝てしまったので、赤塚真知子が代筆しました。)

 今日来てくれたお見舞いのお客さんが、かなり嬉しかったらしい。
それはどうやら、こんなに長く入院してるのにだーれも持ってきてくれなかった“ウイチュキー”を持ってきてくれたからみたい。

 持ってきてくれたのは、フジオプロの顧問弁護士の先生。
 そしてさらに、ノシガミには「お見舞い」って書いてあった(?)ので「ボクのこと良く分かってるなー」って、ニコニコのフジオちゃん。

 外科の先生が回診に来たので、嬉しくて、取られない様に「ほらー」と見せていた。

 ついでに、弁護士先生はこんなアドバイスもしてくれた。

「アルコールのリハビリもされたらどうですか?」
「どうするの?」
「食事の時に、奈良漬け、あさりの酒蒸し、上海蟹の老酒漬け、ムール貝のワイン煮、エトセトラーエトセトラ、デザートにサラバン、ワインゼリー、ようするに料理にお酒を入れちゃえばいいんですよ。美味しくなるし…」

 さすが東大出の弁護士!とひたすら感心するフジオ。

「ナカクボ先生ありがとう。それにしても、お医者さんと弁護士、どっちの方が頭いいのかなー。」

…なんちゃって、とっても幸せそうな今日のフジオちゃんでした。