TOP > 赤塚不二夫 > 日記 2000~2002
2002年 4月 2日(火)
恐怖二題

 突然だけれど、ホタルイカってあるだろ?あのちいさいクセにちゃんとイカの形をしていて目玉がやたらデッカイ、アイツ。オレあれが大っ嫌い。ヤリイカちゃんなんかは大好きなんだけれど、第一にあの形がイヤ。どうしてこんなに目がデッカイんだろう?無気味としかいいようがナイよー。
 その昔、生のホタルイカを食べようとしてお箸でつまみあげたとき、ハタと目が合っちゃった。それ以来まったく食べられなくなった。
 真知子がおもしろがって「ボクちゃん蒸したら食べられるよ」と言うから、仕方なく蒸したホタルイカにチャレンジしようと目を見たら、あのデッカイ目玉が白目になっていた!これじゃホラーだよ。それなのに真知子ったら無理矢理口に押し込んだ。ギョエ!
 奥歯で噛んだらグシャっとして思わず吐き出した。だれにでも嫌いなモノってあるでしょ?
 それともうひとつはハゲの話。
 なにが恐いってハゲること。それなのにオレにハゲができた。なんでもストレス性のハゲらしいのでまた生えてくるっていうんだけど…。
 実は、オレのかわいい真知子も現在円形脱毛症の闘病中!これもストレス性だといわれると、まわりの人が声をそろえてオレのせいだと言う。違うよ!だって真知子はオレのこと可愛がっているんだよ!ストレスなんかあるハズないじゃない!…と思いたい。
 真知子~ふたりではやくハゲ治そうね。ハゲの夫婦なんで面白すぎるからさ。

ほらほらコイツですよ。オレが大っ嫌いでも真知子は好きみたい。

え?カメラの前で食べてみろ?

よし!オレも男だ。あ~ん!

やっぱり食べるのは無理!でも、にらめっこでは負けないぞっ!

分かりますか?オレの小さなハゲ。真知子も見せたら?…イテッ!殴るなよ。