TOP > 赤塚不二夫 > 日記 2000~2002
2001年 2月 8日(木)

 突然ではありますが「赤塚大センセイを囲む会」なんていうのをフジオプロで企画いたしまして、遅まきながらの新年会を開くことになりました。
 ふだん、とってもお世話になっていながら、なかなかお礼ってできないもんだから、思い立ったら吉日とばかりに、ほんとに内輪の人間だけを集めて、きょうは小さなパーティを開きました。
 いらしていただくお客様を、絞りに絞っても104人になっちゃうところが、大センセイの辛いところなんだなー。でも賑やかなことが大好きなボクは、いろいろな人にイッペンに会うことができてご機嫌だったんだ。
 ボクのデビュー当時からの編集者たちを始め、アニメ会社、広告関係、単行本編集者、おっととと、この天才webバカボンのスタッフも来てくれたぞ。それから展覧会関係者、もちろんマンガ仲間(この写真は、北見けんちゃん、古谷さんとトキワ荘からの仲間でアニメーション界の大御所の鈴木伸一さん)とごく親しい友人達・・・。でも何と言ってもボクが嬉しいのは、ボクの若いガールフレンドちゃんたちがたっくさん駆けつけてくれたコト。むさくるしいおじさんばっかりの中に、華があるでしょ。ねっ!と、満足、満足。
 そして、ボクはあんまりハシャギ過ぎて、後半の記憶は消滅しているのだ。だから、フジオ・プロのスタッフによる最後の挨拶、真知子が頑張って挨拶していたんだけれども、この時すでにボクは・・・。ご想像におまかせします!

マンガ仲間(この写真は、北見けんちゃん、古谷さんとトキワ荘からの仲間でアニメーション界の大御所の鈴木伸一さん)