TOP > 赤塚不二夫 > 日記 2000~2002
2000年11月4日

 本日快晴!さあ、どこへ行こうか!?と相談して“相模湾の真珠”初島に決定!
 退院祝いバート3として友だちが来てくれたので、フジオご一行は総勢7人となった。熱海港から定期船(イル・ド・バカンス3世号!それにしてもこのネーミングは!!)でたったの25分。初島は釣りをする人なんかは多いけれども、な~にもないホントに素朴な小さな島なんだ。ここでボクが何をするかっていうと、昼ごはんを食べるんですねー。ところがその“イル・ド・バカンス”が大揺れに揺れたんだなー。酒にはめっぽう強いこのボクも、これには参った!
 フラフラになって降りると、すぐ目の前がボクの大好きなお魚の店アワビと伊勢海老のお刺身をどっさり、伊勢海老の味噌汁、サザエ、地の魚のお刺身盛り合わせなんかと、薄ーい水割りをちょびっと。真知子は熱燗でゴキゲン。帰りにまたあの大揺れ“イル・ド・バカンス”に乗ることを考えると気が重いけれども、しばし忘れて舌鼓を打つ。ポンポコポン!
 このお店の刺身はバツグンなんだけれども、ボクがココを気に入っている理由がもうひとつあるんだ。それは、今は亡きボクの愛猫“菊千代”の若い頃にソックリの猫ちゃんがいるから。この猫ちゃんはおりこうさんで、決して店には入ってこないんだけれども、店の前にちょこんと招き猫みたいに座って日向ぼっこしているんだな。かーわいいぞぅ。
 さて、みんな満腹になったかな?菊千代にご挨拶したらもう帰りの時間。帰りはあんまり揺れずに、無事熱海にご帰還。あー、これでいいのだ!

お魚の店

猫ちゃん