TOP > 赤塚不二夫 > 日記 2000~2002
2000年 9月 21日(木)

 ずっと左側のほっぺたがチクチクして、引きつったみたいに痛いのだ。あんまり痛いので、これはおかしいってことで、ノーゲ(脳外科)の先生に「後遺症でしょうか?」って真知子が聞いてくれたんだけれども、どうしてだか分からなかった。

 その原因がようやく分かったのだ。それは「親知らず」。奥歯のそのまた奥にある「親知らず」が化膿していたんだって。

 いつもボクは、近所の歯医者に予約をしては飲み過ぎてキャンセルばっかりしていたのですよ。時々歯が痛かったんだけれども、酒でごまかしていたんですねー。こんな形で仕返しされるとは!そして来週、その「親知らず」を抜くことになった。これでやっと、うっとおしいチクチクともおさらばなのだ。

 ノーゲの先生、疑ってごめんなさい。不精なボクにバチが当たったのだ。