TOP > 赤塚不二夫 > 日記 2000~2002
2000年 7月 14日(金) 18:00

  単行本の企画で、ホテルセンチュリーハイアットにて東大名誉教授、渡辺定夫先生と対談。和食にウイスキーがすすむ。(センセーは冷酒。)センセーの専門は都市工学なんだけれども、何べんきいても良く分からなかった。「都市工学っていったい何なんだい?」それから、もしかしたらこのセンセーもかなりの、のんべーなのかも知れない。だって、ぼくがこの対談をお願いしたら「お酒を飲みながらなら」という条件付きでOKが出たのだ。ぼくはその返事が気にいって、いっぺんにセンセーのことが好きになってしまった。対談が終わってからもこのまま別れるのが惜しくて、場所を移動して今度はフランス料理にワインでまた乾杯したのだ。エライセンセーはタノシイセンセーでもあったのだ。