TOP > ニュース > トピックス

フジオ・プロ トピックス

トピックスTOP (ページ 66 / 74)

2008年10月21日 カテゴリー:

081021.jpg
秘蔵作品選りすぐりなのだ!
『月刊少年マガジン』『コミックボンボン』などに掲載されながら、
わけあって単行本に収められなかった数々のエピソード。
講談社が満を持して発表いたします。
書店に走れ!
タイトル:『秘蔵単行本未収録傑作選 天才バカボン』
発売日:10月22日
定価:1260円
発行元:講談社

2008年10月20日 カテゴリー:

自分で確かめるのだ!
081020.jpg
自分探しに悩む14歳とその親世代に向けて、「これでいいのだ」精神をトークと漫画のコラボ構成で伝授しようと試みました。今はやりの新書版。
役に立つか立たないか、読んでみよう!
タイトル:『これでいいのだ14歳~バカボンパパに学ぶ14歳からの生き方哲学100~』
発売日:10月21日
定価:840円(税込)
発売元:講談社
くわしくはコチラ↓
fourteen_140_60.gif

2008年10月14日 カテゴリー:

自伝が文庫で再登場なのだ!
1993年にNHK出版から発売された自伝が、文庫になりました。
旧満州での少年時代、漫画との出会い、伝説のトキワ荘、家族への思いが綴られた1冊です。書き下ろしの武居記者の解説も必読!
081014.jpg
タイトル:『これでいいのだ 赤塚不二夫自叙伝』(文春文庫)
発売日:10月10日
定価:600円(税込)

2008年10月10日 カテゴリー:

081010dvd.jpg
今年4月にネット配信され、累計8万5千のアクセスを記録した
「へんな子ちゃん」WEBアニメがDVDになりました。
見逃したエピソードもこれでチェック!監督のインタビューも見られます。
タイトル:「へんな子ちゃん」
発売日:10月2日
定価:999円(税込)
発売元:GDH/モブキャスト/大和屋電影
全国のローソンとLOPPI取寄せにてお求めになれます。
購入はコチラから
hennako_buy.gif
予告編が見られるよ
hennako_yokoku.gif

2008年10月8日 カテゴリー:

ギュッとエキスをつめたのだ!
デビュー時から現在までの漫画作品から、名作を厳選しました。
当時の制作秘話も盛りだくさん。
081008world.jpg
タイトル:『赤塚不二夫WORLD』
緊急追悼版 ギャグの神様の作品と舞台裏!
監修:北見けんいちさん+高井研一郎さん+古谷三敏さん
発売日:10月6日
定価:1785円(税込)

 カテゴリー:

初めてのトリビュートなのだ!
バカボンのパパ41歳を記念して、CDが発売になりました。
綺羅星のようなミュージシャンたちが結集!
細野晴臣氏の帯原稿も必見です。
081008tribute.jpg
タイトル:「赤塚不二夫トリビュート 四十一才の春だから」
発売日:9月24日
定価:3059円
発売元:DefSTAR RECORDS

2008年8月21日 カテゴリー:

8_21.jpg
赤塚3大漫画が竹書房文庫で揃います。
赤塚不二夫 マンガ文庫シリーズ『天才バカボン』全21巻、『天才バカボンのおやじ』全2巻、『もーれつア太郎』全9巻、『おそ松くん』全22巻がいっせいに書店に並びます。買いそびれていた人も是非。
●『天才バカボン』『もーれつア太郎』各591円(税込)
●『天才バカボンのおやじ』680円(税込)
●『おそ松くん』630円(税込)
赤塚不二夫 マンガ文庫
http://www.takeshobo.co.jp/sp/akatsuka/

2008年8月14日 カテゴリー:

新へんな子ちゃん
4月にWEBアニメになった「へんな子ちゃん」が、装いも新たに連載スタート。1967年版、1991年版に続いて3代目となる「新へんな子ちゃん」はショートヘアで明るいイメージの女の子。
今後の活躍をお見逃しなく!
掲載誌:「FLASH EX」9月15日増刊号
発売日:8月11日
定価:550円(税込み)

2008年8月13日 カテゴリー:

8月6、7日、赤塚不二夫の通夜、告別式が無事とりおこなわれました。
お知らせが行き届かなかったにもかわらず、両日で合計800名という多くのファンの方々にお参りいただきました。お暑い中、本当にありがとうございました。
バカボンの元気なテーマソングと共にあたたかいファンの皆さんに見送られて旅立った赤塚は、幸せなマンガ家です。
改めて、こころよりお礼申し上げます。
株式会社フジオ・プロダクション
08081301.jpg
08081302.jpg

2008年8月6日 カテゴリー:

いつも赤塚が一番大切に思っていましたファンの皆様に、最期のお別れをしていただく場所を設けました。
赤塚のマンガのように、笑顔で明るく見送っていただければと存じます。
デビュー以来長い間、赤塚マンガを応援してくださいましてありがとうございました。
通夜 8月6日 午後6時より
告別式 8月7日 午前10時半から12時まで
中野 宝仙寺 中野区中央2-33-3 
http://www.housen.org/help/access.html
なお、香典については堅くご辞退申し上げます。
株式会社フジオ・プロダクション