TOP > ニュース > スタッフブログ

スタッフブログ こちら下落合でシュ!!ドージョ!!

スタッフブログTOP (ページ 1 / 30)

2019年2月22日

2月22日(金)から24日(日)まで、
新宿区中井商店街で赤塚キャラグッズの販売ブースが
期間限定オープンしています!

原作マンガのキャラクターグッズはもちろん、
NHKドラマ『バカボンのパパよりバカなパパ』(赤塚りえ子著)の原作本や、
テレビアニメ『おそ松さん』『深夜!天才バカボン』のグッズ、
劇場版『えいがのおそ松さん』の前売り券なども発売中です!

フジオプロ【公式】ツイッター(https://twitter.com/fujiopro)でも
販売場所や商品の詳細(一覧写真)をつぶやいています。

同期間中は、中井の街で「染の小道」が開催中です。
ぜひこの週末は、赤塚センセイゆかりの地・中井へお越しくださいまシェ!

2019年2月5日

「赤塚不二夫×mercibeaucoup,」コラボ商品発売にあわせて、
全国のmercibeaucoup,ショップが赤塚キャラクターで賑わっています!

(南堀江店)

(代官山店)
 

特大フィギュアやスタンディ、タペストリー、複製原画などを展示中です。
各店舗の展示状況はコチラ
https://mercibeaucoup.jp/information

代官山店にて、2月9日(土)15時より開催されるトークショー
「バカボンのパパよりバカじゃない?ふたり」も、お楽しみにドージョ!

2019年2月4日

昨日、2月3日は節分でした。
皆さん、今年も“赤塚不二夫(フジオプロ)の鬼の面”で豆まきしましたか?

恒例の、スタッフの愛犬ななとケン太です。
今年もおいしく、福は内したお豆をポリポリ「お腹に福は内」しました。

来年もお楽しみに、ドージョ!

2018年10月17日

赤塚センセイの人生を「ギューギュー詰め」にした
超豪華ボックス『コアでいいのだ!赤塚不二夫』が
出版ワークスより12月中旬発売予定で進行しています!

大ヒット作から知る人ぞ知る超マニアックな作品まで
300タイトル以上の赤塚マンガをレビューし、
各種データ面も網羅した「さくいんブック」。

そして、主要6作品『おそ松くん』『ひみつのアッコちゃん』『天才バカボン』
『もーれつア太郎』『レッツラゴン』『ギャグゲリラ』の厳選エピソードのほか、
初公開の赤塚センセイの下絵、アイデアメモ、年賀状、色紙など
貴重な原画類を収録した「レアリティーズブック」の2冊組!

さらに、かつてフジオプロで発行していたファンクラブ向け冊子
『おそ松くんニュース』『おそ松くんブック』『まんがNO.1』の創刊号や、
1970年お正月に送付されたファンレターの返信用冊子『新年おめでとう』、
レーシングチームZENYのステッカーなど、貴重な復刻付録が封入された、
赤塚ファンにはたまらない超豪華セットです。

特別に、編集中の一部をチラ見せ!

★さくいんブック

★レアリティーズブック

★封入特典

見て・読んで楽しめる、そして資料性も抜群の、超豪華ボックスです。

ちなみに、すべて赤塚センセイ本人が保管していた
フジオプロに残る資料から収録・復刻します!

現在、鋭意制作中!
詳細は出版ワークスのサイトにて、順次公開される予定です。
お楽しみに、ドージョ!

詳しくはコチラ

(※デザイン、内容などは一部変更になることがございます)

2018年2月2日

明日、2月3日は節分です。

今年も、恒例の“赤塚不二夫(フジオプロ)の鬼の面”が
スーパー・コンビニを賑わせています。(※詳しくはコチラ

そして、こちらも恒例のスタッフの愛犬。

黒いのが「なな」で、白いのが「ケン太」です。
今年は戌年なので、ウナギイヌも含めて犬まつりにしてみました。

皆さまも、良い節分をお過ごしくださいまシェ!!

2017年10月19日

毎年10月19日の「イクメンの日」(10=トウサン、19=イクジの日)に
合わせて開催されている「イクメン・オブ・ザ・イヤー2017」の
イクメンキャラクター部門に「バカボンのパパ」が受賞しました!

昨日、東京都内で行われた授賞式にはパパも出席。

「(連載開始)50周年にイクメンを受賞して本当に嬉しいのだ!
これでいいのだ!!」とコメントしました。

皆さんも、バカボンのパパのように、
育児を楽しみ、頑張ってくださいまシェ!!

2017年9月14日

赤塚センセイの82回目のお誕生日である本日・9月14日(木)より、
「ギャグ漫画の殿堂 赤塚不二夫展~『おそ松くん』から『のらガキ』まで~」が
「さいたま市立漫画会館」でスタートしました!
(※詳しくはフジオプロトピックスをご覧ください)

入り口には、イヤミが「シェーッ!!」でお出迎え。

キャラクターグッズの販売もあります。


今回の企画展は、赤塚センセイの6大ヒット作
『おそ松くん』『ひみつのアッコちゃん』『天才バカボン』
『もーれつア太郎』『レッツラゴン』『ギャグゲリラ』の複製原画のほか、
隠れた名作『のらガキ』の貴重な生原画を中心に展示しています。

『のらガキ』の生原画は、単行本第5巻の表紙イラストと、
第3巻収録の「タコカニさんのポコチン千本切り」から11枚をセレクト。


 
「タコカニさん~」は雑誌掲載時の2色カラー原画(オリジナル版)です。
単行本に収録されたバージョン(描き直し版)と大きく異なる部分もあるので、
マニアな方は相違点を要チェック!(笑)


また会場内では、今回展示している作品はもちろん、
スペースの都合上、今回は展示できなかった初期作品や珍しい作品も含め、
250冊以上にわたる赤塚マンガを自由に読むことができます。

展示を見て気になった作品や未読の作品を、ぜひ手にとってみてください!


さらに、貴重な駄菓子コレクションの展示も!

1960年代、『おそ松くん』を中心とした赤塚キャラクターの商品化に
もっとも力を入れていたのが、今はなき「コビト(旧・東京渡辺製菓K.K.)」。
今回は、大人気商品だった「おそ松くん チョコレート」「シェー チョコレート」
「ニャロメ ミルクチョコレート」のほか、赤塚センセイが同社のために描き下ろした
キャラクター「コビトくん」を用いた「コビトマンガ ミルクチョコレート」
「コビトマンガ ガム」の包み紙やPOP、プレゼント用シールなど、
50点以上にわたる貴重な資料を紹介しています。
見ているだけで楽しくなる、かわいいデザインは必見です!


ちなみに、「漫画会館」での赤塚センセイの企画展は
1975年の「文春漫画賞作家 赤塚不二夫展」以来、
42年ぶり、2度目の開催です。

この当時、来館記念スタンプ用に赤塚センセイが執筆・提供したキャラクターが
「バカボンのパパ」と「のらガキ」だったという縁にちなんで、今回は
『天才バカボン』を中心とした6大ヒット作品と『のらガキ』に
スポットを当てた企画展になりました。

この来館記念スタンプ原画をはじめ、当時、
赤塚センセイが同館に寄贈したと思われる生原画6点も展示中です!

スタンプは企画展示会場のほか、現在も会館入り口に
他の漫画家の先生方とともに、設置されているので、記念に押して帰るべし!


9月30日(土)には、武居俊樹さん×赤塚りえ子のトークショー
「赤塚不二夫のつくりかた~キャラクターと作品の数々~」も開催!
(※要事前申し込み)



 
入場無料のイベントです。
皆さまお誘い合わせの上、ぜひお越しくださいまシェ!!

2017年2月2日

明日、2月3日は節分です。

節分といえば、毎年恒例 “赤塚不二夫(フジオプロ)の鬼の面”。
皆さん、もうゲットしましたか!?

まだの方は、今すぐ下記のPOPのある
スーパー・コンビニへ! (詳しくはコチラ

「でんちゃん福ます」に付いてくるミニサイズのお面は、
ペット用にもぴったり!

今年も、スタッフの愛犬ななとケン太がモデルです!
モデルらしく気合いを入れて、直前にシャンプーしてもらってフワッフワです^^

今年も“赤塚不二夫(フジオプロ)の鬼の面”で
皆さま、良い節分をお過ごしくださいまシェ!!

2016年8月22日

1970年から約5年間、フジオプロに在籍し、
赤塚センセイのアシスタントを務めていた漫画家・てらしまけいじさんが
当時の思い出をマンガにした描き下ろし単行本
『赤塚不二夫の旗の下に フジオプロの青春』(ジーオーティー)を
8月30日(火)に出版されます。

フジオプロで繰り広げられた数々の爆笑エピソードのほか、
てらしまさんが撮影された赤塚センセイの貴重な写真も満載!

当時の赤塚センセイの仕事ぶりや素顔が伝わる
赤塚ファンにはたまらない1冊でシュ!

2016年2月25日

「毎日新聞」のニュースサイト「キーパーソンインタビュー」に
フジオプロ代表・赤塚りえ子のインタビューが掲載されました!
http://mainichi.jp/articles/20160225/mog/00m/040/001000c

2014年から展開している
“赤塚不二夫生誕80周年”記念企画と
今後の展開について語っています!

毎日新聞の記者さんから
「生誕80周年の“成功”を振り返る」というテーマで
取材依頼をいただいた時は、とてもうれしかったでシュ!!

今後もまだまだまだ
東京大学の「バカ田大学」講座(開催中)や
日本テレビ系ドラマ『天才バカボン~家族の絆』」(3月11日21時放送)
ドキュメンタリー映画『マンガをはみだした男~赤塚不二夫』(4月30日公開)など
さまざまな企画が進んでいますので、お楽しみに!!